メッキ接点
 

メッキ接点部品の一貫受注体制

メッキ接点はプレス等で接点形状に加工した表層部にAu、Ag、Pdなど貴金属メッキした接点です。最近ではAu、Pd(パラジウム)などを多層にメッキし耐久性を向上させる場合があります。
イースタン技研㈱ 電気接点事業部は、リン青銅、ベリリュウム銅、コルソン材等の薄板バネ性材料(0.07mm~0.8mm)の精密金型製作から精密プレス加工、板バネへのクロスバー接点アッセンブリ加工(スポット溶接)、脱脂洗浄、熱処理、メッキ、外観検査まで一貫受注が可能です。

メッキ接点はコストメリット

メッキ接点の最大の利点は、無垢接点、クラッド接点、クロスパー接点などに比べて、貴金属の使用量を抑えることが可能なことです。
しかし、耐久性は前者に比べ落ちますので、使用用途によって充分な選定が必要です。

また、フープ材に先にメッキする場合は、加工コストは抑えることができますが、フープ材の材料取りの仕方、ピッチによっては歩留まりが悪くなりコストアップとなる場合があります。
接点部品完成後にメッキする場合は、部品全面にバレルでメッキ、一部に吊るしメッキ等を加工します。

イースタン技研㈱ 電気接点事業部は国内及び海外の自動車電装部品メーカー様、防災機器メーカー様、ポテンショメータ製造メーカー様、家電メーカー様を中心にお取引いただいております。
電気接点部品は「重要保安部品」となるものが多く、この分野では数十年の取引実績がございます。

試作等の小ロットから量産まで

イースタン技研㈱ 電気接点事業部は、主に1k~4,000k/月の量産加工に対応しております。
工場内は温度、湿度管理を徹底しており、精密金型製作用工作機械や高速門型プレス機やサーボプレス機を導入し、「高品質、低コスト、短納期」にてお客様にお届けできるよう日々努力しております。
また、試作用金型の製作、ワイヤーカット放電加工による小ロット試作も行っております。